記事一覧

Express編-nodejsからmongodbの操作を少しづつ改良してみる

switch編-nodejsからmongodbの操作を少しづつ改良してみる、こちらからの続きになります。 コードをもう少し改善していきたいのですが、http はとっつきにくく扱いづらい印象です。 前回の記事では、s...

switch編-nodejsからmongodbの操作を少しづつ改良してみる

前記事 前編 JS初心者がMongodbデータベースを使って、じっくり非同期処理(callback, async)を勉強し直してみた 前記事 後編-JS初心者がMongodbデータベースを使って、じっくり非同期処理(call...

後編-JS初心者がMongodbデータベースを使って、じっくり非同期処理(callback, async)を勉強し直してみた

async編 前回の記事の続きです。 今回は既に、insert処理を2つ用意してあります。 appAsync.js const MongoClient = require('mongodb').Mong...

JS初心者がMongodbデータベースを使って、じっくり非同期処理(callback, async)を勉強し直してみた

callback編 今回は、コールバック編ですので、次記事が async 編になります。 初心者にとって、非同期処理はやっかいなものの一つです。 以前に、Promiseの記事 で非同期について書いたのですが、疑似的なものでは...

JS初心者が call , apply, bind, this の関連を考える

call, apply は使い方がいまいちわからないメソッドの筆頭格でした。 これを書いてみても、使いみちがよくわからない筆頭格の座を譲ることはありません(笑) しかし、この仕組みを理解することで、JSが少しわかったような気が...

速習ECMAScript2018を勉強する ジェネレータ編

ジュネレータ 列挙可能なオブジェクトをより簡単に記述できる記法とのこと function* myGenerator() { yield 'A'; yield 'B'; yield 'C';...

速習ECMAScript2018を勉強する イテレータ編

イテレータ編 イテレータとは、列挙可能なオブジェクトで、nextメソッドが使えるものをいうらしいです。 value, done が返り値で、doneがtrueになることで、value値の終わりを判断します。 for...of...

速習ECMAScript2018を勉強する クラス定義編

class es2015から、クラス定義が可能になりましたが、JSのクラス定義は、他のスクリプト言語とちょっと違います。 初心者の域をでないので詳しくはわかりませんが、プロトタイプのかぶりものらしいです。 プライベートモードが...

速習ECMAScript2018を勉強する 組み込みオブジェクト編(includes, assign)

組み込みオブジェクトのメソッド追加分 String / Math / Object / Array についてもメソッドがいくつか追加されているみたいなので、便利になったものをピックアップしたいと思います。 Array ...

速習ECMAScript2018を勉強する 正規表現編

正規表現 正規表現については、正直苦手なのであんまり触れたくないんですが、だいぶ拡張されているみたいなので、拡張された部分の確認をしたいと思います。 拡張されたというのは、後ろにつくgのようなoptionが増えたということです...